角田光代さん「読書は旅」にハッ

f:id:ar50mama:20221207165730j:image

空を這ってるみたいな

(iPhone13 2022.11)

〜*〜*〜*〜

昨夜、Eテレを付けっぱなしにていた自室に戻ったら、作家の角田光代さんがご自宅の天井まである本棚の前で、収まっている本のエピソードを話していた。

角田さんは好きな作家なので、しばらくテレビに見入った。

ちなみに私が角田さんを好きな理由なのだけど、

角田作品は嫌な人を罰するというか、読者が簡単にカタルシスを感じるようなオチにしない。

例えば、女性が主人公で彼女を悩ませるダメ男が出てきても角田さんはダメ男を「ざまあ」という目になかなか合わせない。

角田作品を読み始めたばかりの頃は正直な話、読後、モヤモヤする事があった。でも次第に気にならなくなり、角田流 話の終わらせ方 を楽しむようになった。作者の「人間への優しい目線」に気づいてからは。

(……なんて偉そうに書いたけど、読めなくなってからは角田作品からも離れてしまっている)

そんな角田さんは昨夜「読書は旅」だと言った。

そうか旅行か。旅行と考えれば3000円出しても、読み切るまで1ヶ月以上かかっても、迷子になり読み返しても、時間やお金を惜しがったりせずに本と付き合えそうな気がしてきた。

久しぶり、と最近の楽しみ

f:id:ar50mama:20221130005516j:image

油断するとタワマンが写り込む公園にて

(iPhone13 2022.11)

〜*〜*〜*〜

コロッケ

近所にある“行列が出来るお肉屋さん”のコロッケ(とメンチカツ)を買って、夕食時に温めて食べた。約3年ぶりとなる。

コロナ禍になり「ウイルスを持ち込まない」が、私の生活スタイルを変えてから、“出来立てのお惣菜を買って帰る”という行動を忘れてしまっていた。

久しぶりのお店のコロッケもメンチカツもカリカリのホクホク。更にお肉が新鮮ゆえに可能な控え目な味付けに、私も娘も「なにこれ。めちゃ美味しい」など言いながら食した。

……しかし、最近、胃がデリケートな私は、食後しばらくして胃がムカムカしてくる。胃薬を飲みながら「トホホ」と思う。

でも片方の脳では「美味しかったー。リピだよな。近いうちに」とまだ考えている!恐るべき食い意地。

 

シジュウカラ

近くの公園へ散歩に行く。木々の葉の色のコントラストがとても綺麗だった。一方ですっかり葉を散らせてしまった木もある。冬やねえ。

しばらく居ると「チチ」という待ち侘びた声がする。すぐそばにシジュウカラの小さな群れがきた。枝の間を素早く動く。

私は興奮して目で追ったりスマホを向けたりした。

f:id:ar50mama:20221129174247j:image

iPhone13の限界。スズメより小さく愛らしいフォルム

マンションに囲まれた小さな公園の周りはカラスが行き交う。シジュウカラにしたらカラスに比べて人はさほど怖くないかもしれない。

案の定、警戒の声も混じりだした。

世界初! 「鳥の言葉」を証明した“スゴい研究”の「中身」 『ピーツピ・ヂヂヂヂ』 - サイエンスZERO - NHK

木の葉が全て散ってしまったら身を隠す場所が無いし、もうここには来ないかもしれないな、などと思う。

 

編み物

10年以上ぶりに編み物を始めた。

驚いたのはかぎ針の長編みのような基本的な編み方も忘れていた事だ。

「次はこの穴に針を入れるの〜?」レベルに。

編み図と解説を丁寧に読みながら、編み進めた。“初心にかえる”……ではない。

編み針を持ったばかりの頃は、祖母だったり母だったり、近所の毛糸屋のおばちゃんだったり、周りの誰かに手取り足取り教えてもらっていた。

編み図とか解説を読むのは嫌いだった。

改めて丁寧にそれらを読んでみると、今まで微妙に残念な出来になる事が多かった理由の元を色々発見した。

そんな大雑把な私だが、編んでいる最中は“己の神経質さ”との戦いとなる。

「糸、これくらいの引っ張り具合で良い?」と、ゲージの崩れが気になるのだ。

始めて数日でやっと、編み物の真骨頂であるランナーズハイのような(?)脳内気持ちい感じになってきたところ。(で、うっかり模様編みのところで編み目を飛ばしそうになる)

祖母や母がザックザックと大胆に編み進めていた姿を思い出す。成功体験の数の圧倒的差というものもあるだろう。

 

数独

Kindle版『すてきにハンドメイド』の11月号に、プレゼント企画の数独のページがあった。

プリントアウトが上手くいかなかったので、手書きで書き写してやってみる。数独にいたっては一体いつぶりなのか思い出せない。

時間は随分かかってしまったけれど、解き終えた後、気持ちが良くて更にやりたくなってしまった。簡単な数独集を1冊買っちゃおうかなー。

病と欲

f:id:ar50mama:20221123021802j:image

ここのイチョウ、真っ黄色に色づいたらめっちゃ素敵なの

(EOS kiss X9 2022.11)

〜*〜*〜*〜

※医学的な内容の記述について。医学知識の乏しい素人である私の見解です

昨日、5回目となる新型コロナワクチン接種券が届いた。年内に届くとは思っていなかった。10月末頃に“前回の接種日から「5ヶ月以上経過」”から“「3ヶ月以上経過」と短縮されたのを知らずにいた。

早速、かかりつけクリニックへ電話するも、私が打てる日では1月半ば以降しか予約が空いていない。娘に勧められ(正月を挟むのが心配なのだろう)彼女が4回目を打った縁もゆかりもない病院へ電話した。年内に打てる事になった。その病院ではオミクロンBA.1対応は在庫が無くなったとの事で、BA.4-5のを打つ予定。

迷いは無い。私はハイリスク群だし。今日も観光客にたくさん遭遇した。波は高くなろうとしている。

 

こんなツイートをした。

ar50mama🫐🐤💉💉💉💉+💉 on Twitter: "編み物したい 2000円オーバーの欲しい本が3冊 省エネ型パネルヒーター見てもうた うーん……" / Twitter

各々の「買いたい理由」をここに書く。ストッパーにするのが目的。

 

その前に。

自分の買い物欲に警戒する理由なのだけど、ちょっと前に「節約だ」と宣言していたし、懐具合を不安に思っているのでは?と思われるかもしれないが、問題はそれでは無い。

私の脳の病、双極性障害II型の躁期の「やらかし」の一種では?と心配している。躁転したか?と。

双極性障害の躁期は色々なアイデアが浮かんでくる、と言われるが、私もそんな感じで、色んな事に手を付け始める。そしてアイデアを形にする為に色んな物を買いたくなる。

しかも、得たものをやりこなせたり、使いこなせたり、完読できればいいのだが、精神活動も身体活動も活発、いわゆる「落ち着かない」「余計なものに過集中」の2極責めで、鬱期とは違った理由でそれらをやりきる自信が無い。(私は発達障害のグレーゾーンに居るのでその影響もあると思うのだが)

で、買いたい理由。保留の理由。

 

“編み物したい”

Eテレの『すてきにハンドメイド』、いつも何かしながらチラ見しているだけなんだけど、編み物回になり、ちゃんと見るようになった。

私は下手だけど編み物は好きで、元夫や娘や自分のものを編んだ事もある。

そして先日、観た回で、北欧っぽい素敵なパターンに一目惚れしてしまった。

車いす用の防寒アイテムを作りたくなった。娘への最後のサンタ計画、これも毛糸の小物にしようかと。(サンタさんらしくないが)

しかーし。私ほどのテクニックだと「買った方が安くておしゃれやん」ってなるの、幾度か経験済み。もちろん愛着が勝つのもあったが。

そして、「最後まで作れますかー?」という声も聞こえなくもない。

 

“2000円オーバーの欲しい本が3冊”

1冊はもう数ヶ月、恋焦がれている。読めない脳であったのに。素敵な表現がたくさんあるんだろうと想像するとワクワクする。教養が無く正しく理解出来るかもわからないのに。

図書館で予約すればいいと思われるだろう。悲しいかな、私は老眼とは違う目の病気の影響で文字が見え辛く(再手術が近い)、あと脳のクセもあり、今はKindleで字体を変えて大きくしないと快適に読めない。

あとまた鬱期になれば、再び文章が頭に入って来なくなる。(ラピッドサイクラーです)

うーむ…

 

“省エネ型パネルヒーター見てもうた”

私の使う和室にはエアコンが無く寒い。去年はヒーターをガンガン使って電気代がかさんだ。

電気代が値上げした今冬はそういう使い方はしたくない。しかしヒーターをつけずにいると寒くて直ぐにベッドに潜ってスマホをいじるだけの時間を過ごしてしまう。

で、先日、無印の着る毛布とモコモコの靴下を買ってしまったばかりである。机の前に座る…いややっぱ足元から冷えるわ!

某ユーチューバーさんがリンクを張ったていた楽天のパネルヒーターに目が行く。筒状にしてひざまで足をすっぽり入れる事が出来る。消費電力が少ない。柄もインテリアを損なわないのが嬉しい(大事)。

娘に言うと「いいんちゃう!」と返ってくる。娘…娘の部屋にはエアコンがあるとはいえ、勉強中冷えたりしていないだろうか?我慢してないか気になってきた。

2台いるな。(Done!)

たまには愚痴を

f:id:ar50mama:20221119152206j:image

まだ緑が残る先週のいちょう並木

(EOS kiss X9 2022.11)

〜*〜*〜*〜

最近、地味に(リアルで)「うっ」ってなった他人の言葉を書いておこうか。

私は小心者なので、こういう時、本人が読んでいたらどうしよう、と心配になる。そしてフェイクかましまくった末に「こんな嘘文章書いて何の意味がある?」と全消してモヤモヤ膨らませたままスマホを放る、と100%なる(学ばない人)。だから以下フェイクなしです。

 

「私なら何も被らない」

抗がん剤治療中のウィッグの話しをしている時。ちなみに言ったのは私が当事者だと知っている健康な人。

うっ、やっぱそんな不自然?私だって満足してないって。そりゃナチュラルが理想だと私も思ってるよ。だけど、祖父ゆずりのボコボコの頭の形が恥ずかしいし(天国のおじいちゃん、ごめん)、ギョとする他人の顔見るのしんどいのよ〜。

おじいちゃんのくだりは話したけれど、「やっぱそんな不自然?」と聞けなかったので、それ自分でも一番、気にしているんだろうなあ。

はい次。

 

「〇〇さん仕事辞めて子どもに養われている身なんやけど肩身狭くないんかな」

うっ、いやそれ来年の私やん。知ってるよね…。私は身体の病気になる前から稼げない事がコンプレックスだったので、こういうのは気にしてしまう。うちの娘がそうしたいと言うてくれてるし、開き直ればいいのだろうか?

てなところ。

 

私は若い時から鈍いので後になり「あれって…」と気づく。時すでに遅し。

リアルタイムにその場でパーンと、険悪にならない(でも自分もまあまあスッキリする)洒落たというか頭のいい返しができるオバハンになりたかったんだけどなー。

鳥を見に公園へGO

f:id:ar50mama:20221112132321j:image

地下鉄谷町四丁目を出て、大阪府警前から公園に入るとすぐに目に入る大坂城六番櫓

(EOS kiss X9 2022.11)

〜*〜*〜*〜

第8波が来ているので、病床が逼迫する前に…と、大阪城公園へ行ってきた。公園はともかく公共交通機関がね。(ハイリスク群ゆえ慎重なのです)

珍しく鳥が撮れたのだけど、画像を適当なサイズにする方法を調べるのが面倒くさくて

「カメラ→スマホ→指でズーム→スクショ→トリミング」

という我流で処理した画像を添付します。(……)

訂正・やはり少しでも綺麗な画像を…と「カメラ→スマホ→トリミング」のものに差し替え!PCが壊れてるのでチェックできず、デカく表示されてないかとか、その辺を気にしている。

f:id:ar50mama:20221112141742j:image

鵜さん。日当たりの良いところで日光浴をするように翼を広げていた。


f:id:ar50mama:20221112141803j:image

ハクセキレイさん。「なんかくれるんちゃうの?」と言ってるかのようにジリジリとこちらに近づいてきた。


f:id:ar50mama:20221112141857j:image

ヒドリガモさん。カモの群れの中で最も多くいた。渡り、お疲れ様。

 

あとシジュウカラさん等の声は聞こえていたけれど、木々に潜む小鳥を撮るのはさすがに無理だった。いつか撮ってみたい。ボケボケでいいので。

 

f:id:ar50mama:20221112121927j:image

公園で最も森っぽいエリアは今、こんな感じ。葉っぱをパラパラと盛んに散らせていて綺麗だった。(このタイミングに来て良かった)

動画を載せたかったのだけど、それも簡単に諦めてしまった。

 

f:id:ar50mama:20221112122910j:image

スタバのテラス席。

私「スマホ新しなったし(前スマホ、アプリ触ると落ちがちだった)今日はママがギフトカードの残金で奢るよ♪」娘「1600…ママ足りへんと思うよ」私「え!スタバってそんな高かったっけ?」

……うーんやっぱ美味しいわ。

晩秋のクリスマス狂

f:id:ar50mama:20221107173945j:image

大きい公園に咲いていたマメ科の花

(EOS kiss X9 2022.10)

〜*〜*〜*〜

ハロウィンが終わり、キャンドゥ(100均)の店頭はクリスマス関連の商品に変わっていた。節約中だというのに、背は高いが貧相なうちのツリーを盛る為と、太モールを数本、衝動買いしてしまう。

今朝などはクリスマスケーキの予約はどれにするかと娘と画像を送り合ったりしていた。

私はクリスマスが大好きなのだ。完全に洗脳されていると思う。

これは子どもの頃の思い出よりも、ある程度大人になってからの体験(上がるCM、クリスマスソング…バブリーなプレゼント…予定の無い女だけのパーティー計画(絶対誰かが裏切るやつ。笑)…等)が起因しているような気がする。

 

元夫は毎年、クリスマスイヴの夜、仕事で家に居なかった。私は、イヴの日の忙しいサンタを描いたアニメーションを思い出し、幼い娘に「パパは実はサンタズリトルヘルパーでな、サンタさんのお手伝いで忙しいねん」と話していた。

私がどんなに工夫しても、サンタクロースの存在を早々と疑りにかかっていた娘がそれを信じるはずは無く…でも毎年ちゃんと乗っかってくれていた。

 

今年は久しぶりに娘の枕元にプレゼントを置いてみようか。学生最後の年だしなー。彼女に比べるとめちゃ早寝な私は睡魔に勝てるか?

考えるだけでわろてまう。これでは当日までに、怪しまれそう。気をつけて計画を遂行するとするか。多分例年通り、あっという間に年末は来るんだろう。

覚醒

f:id:ar50mama:20221106193015j:image

鳩ぽっぽの足あといっぱい

(iPhone13 2022.11)

〜*〜*〜*〜

最近、家計簿をつけていて、ここ数年で何度目かのピンチが来ている事を悟った。(遅い)

節約が始まった。

「朝はパンよりごはんの方が節約しやすいから」と、朝食用のパンを買わなくなった。

そして1週間が経ったのだけど、昨日になり無性にパンが食べたくなり、娘が用事で出かける際に「すぐ食べたい。買ってきて…」と、頼んでしまった。すると彼女も「実は私も食べたかってん〜!」と言うではないか。

うちは祖父母の代から朝食はパンに紅茶と決まっていた。パン食だって工夫すりゃ節約出来るやろ。

そして再び。今日もまたパンを買いに行く。