走れ、安全に。私の車

f:id:ar50mama:20221001193110j:image

焼き肉の後の石焼きキムチビビンパ

(iPhone13 2022.9)

〜*〜*〜*〜

デコトラを運転する夢を見た。走っているのは爆発シーンを撮影する採石場のような場所で、道路だと煽り運転と間違われそうな雑なハンドルさばきで時々ゲラゲラ笑う私は、上機嫌だった。

楽しい気分のまま目が覚めたので忘れてしまうのはもったいなく、記憶を定着させる為、何度も頭の中でさっき見たばかりの夢を反芻した。

何故、そんな夢を見たか考えなくても判った。

電動車いすを使い出したからだ。

もう既に通院の為に電動車いすのまま公共交通機関を利用したりしているが、用事のない時も「運転技術向上の為」と、ほぼ毎日、近所を走っている。

やはり、誰かの足を踏んだりぶつかったり、他人を傷つける事を最も恐れている。“電動車いす教習所”なるものがあったら入学したい。(保険は加入してます)

その一方で、この数ヶ月、散歩が苦痛でしかなく、街や花にカメラを向けるどころじゃなかった、そういうもどかしさから解放された喜び。

それが夢の中で「ヒャハー!」と、助手席にさえ乗った事が無いトラックを運転するという形で出てきたのだろう。

ちなみに夢の中の私は何故か、長い髪をなびかせ、サンドラ・ブロック姉さんを彷彿とさせるスタイルだったのを付け加えておく。

『スーパーノヴァ』を観た後の動揺

f:id:ar50mama:20220928191136j:image

久しぶりに行った神社のすみに咲くランタナ

(iPhone13 2022.9)

〜*〜*〜*〜

アマプラで『スーパーノヴァ』という映画を観た。

以下、感想を雑に書きましたが、がっつりネタバレあります。ご注意を。

 

コリン・ファースと親友のスタンリー・トゥッチが、20年連れ添ったカップルを演じる

・キャンピングカーでの旅のシーンが楽しく美しい。イングランドの田舎の風景が素敵

コリン・ファースの表情筋の演技が素晴らしい。セリフを見なくても彼の表情を見ているだけで泣ける程

・結末は観る人に判断を委ねたんだろう

・私の解釈は視聴一度目と二度目では違った

・初めに観た時は、ラストのサム(ファース)の「ずっと一緒だ」という言葉は“だから君の最後を見届けるよ”という意味で、結局、タスカー(トゥッチ)は自ら命を絶ったんだと思った

・しかしもう一度見直したら、顔つきが穏やかになったタスカーが自然にサムに身を委ねている姿が気になり(タスカー、気持ちが変わったのでは)と思った。願望も入ってるの否定しません

認知症は残酷な病だ

・“愛する人を苦しめたくない”そりゃそうだ。みんなそうだ。タスカーと同じ苦しみを抱え、それでもなお生きる人達に私はエールを送りたくなった

スタンリー・トゥッチ、確か数年前に大病を患われていたはず、とググる。今はお元気そうで良かった。(この時、前の奥様を乳がんで亡くされている事を知る)

・「失うのが悲しいならそれは良きものだったのさ」このタスカーのセリフ、私のエンディングノートの最後のページに書くこと決定

・この映画、名言の宝石箱や〜、です

色々更新

f:id:ar50mama:20220924173657j:image

スタバの焼芋ブリュレフラペチーノ買ってきてもらった

(iPhone13 2022.9)

〜*〜*〜*〜

ずいぶん涼しくなった。

寝具は夏のひんやりタオルケットから毛布に変わった。

うちの部屋は暖かいので、これに冬用のふかふかの敷パッドを敷けば、初冬までもつ。

 

詳細は今は書けないけれど…生活に変化があった。

 

過去記事をいじりついでにプロフを書きかえる。

ほぼ同じ単語を使い回している。好きなものは変わらないからね。

このブログについて - ちょっと悲しいが平常運転

ロックフェス…そうだよな。私は音楽というよりフェスが大好きだったんだよな。

10代の半ばに初めて“野外”で“イスなし(スタンディング)”で観た、デヴィッド・ボウイのキラキラの魔法は今も解けないまま。

 

焼肉(外食)は今の最大の楽しみのひとつ。

ただ、ハイリスク群なので、頃合いを見て、お店も選んで行く。近日予定あり!!!

 

プロフィールとなると更に文章がぎこちなくなるのは、気取ってハードル上げてもな、という気持ちが働くからかな?

 

そんなこんなで、先週から忙しくしていて疲れる。この忙しさは月末まで続く。頑張ろう

うつと視野

f:id:ar50mama:20220913225448j:image

いつの間にかま街はセブンだらけ

(iPhone13 2022.9)

〜※〜※〜※〜

一昨日、落ちるサインがあり、案の定、昨日は動けずにいた。(ラピッドサイクラーです)

医師が見逃していた時期も含め(診断難しかったと理解出来るので根に持ってはいません)この病気との付き合いは随分と長い事もあり、

そして前の前の主治医が言っていたとおり「年齢が解決してくれるものもある」からか、今は“予兆”から“過ぎるまで”比較的に穏やかに過ごせるようになった。

ただ今日の外出(通院)が辛く、精神疾患がもたらす身体的苦痛(今回は鉛様麻痺があり)も相当なものだと改めて思い知る。お仕事をしている人は大変だ。

そして、もう一つ。

驚くほど視野が狭くなる。(心理的視野狭窄。実際の見え方の事を言っているのではない)久しぶりに自覚した。

私と映画(と「コーダ あいのうた」感想)

f:id:ar50mama:20220907163928j:image

用事で行った池袋で観た映画のパンフ。いい!と思ったら娘を連れて2度目行くのがお決まりだったあの頃。この映画もそうした

(iPhone7 2018.3)

〜*〜*〜*〜

コロナ禍をきっかけにすっかり映画を観なくなった。せっかく家いながら楽しめる時代にいるのにね。

初めは(2年程前)「そういう気分じゃない」というものだったと思う。(娘が心配してサブスクを紹介してくれたりもした)

で、今は?

忙しいわけでもないのに何故か「時間がもったいない」という気持ちがわくのと、…こちらの理由の方が大きいんだけど…作品を観た刺激で“気分”の変化がありやしないかと不安だから。

絹ごし豆腐メンタルの今ならありうる話なのだ。

例えば「マンチェスターバイザシー」はネタバレギリギリまで口コミを読んでから、観るのを諦めた。

そういう理由で観たいものが観れないジレンマがあり、作品選びが大変だけど、決して無理せず、心のリハビリも兼ねて、ボチボチとまた映画を見ようと思う。

 

この後、昨日観た「コーダ あいのうた」の感想メモ。

ネタバレありなのでご注意を!

 

 

 

 

 

「コーダ あいのうた」

・観ている途中に「リトルダンサー」女の子版だ!と思う。

・主人公のろう者である家族は実際に耳の不自由な俳優たちが演じる

・下ネタが多すぎてビビったw主人公のおかれた環境を表現するのに必要だったんだろう、コメディタッチで畳み掛けてくる

・主人公が産まれた時、母は「耳が聞こえませんように」と祈った、理由は自分自身が聞こえる母と解りあえなかったから、というの、私自身の、出産時の思い「男の子でありますように(母は弟の方を大切にしていたから)」というのに似てるなと思った

奨学金をかけての音楽大受験を家族の為に断念した主人公に父が「歌ってくれ」と言い(いや聞こえないのに)と思っていると、歌う娘の喉元に両手を当てて目を閉じる(爆音ラップの振動が好きな父だった)姿に落涙

・入試直前に主人公を動揺させたカレシ…これはないな。それはともかく、主人公の出発前、このカレシが今生の別れみたいな顔をしていたの、この大学進学がただ距離が離れる以上の意味を持つ事を感じさせた

・あんなにパワフルな家族なのに、障害ゆえ、家族の通訳、いや社会との橋渡し役を担う娘に依存する形になってしまっているの、ヤングケアラー問題に通ずるものがあり、広く観てもらいたい作品だった

・タイトルのコーダ(CODA)、観る前まで主人公の名前だと思っていたが“Child of Deaf Adults(聞こえない親のもとに生まれた聞こえる子ども)”の頭文字をとった言葉らしい

さよならiPhone7

f:id:ar50mama:20220903101635j:image

あいぽん7最後のお仕事

(iPhone7 2022.9)

〜*〜*〜*〜

iPhoneを買い替えた。

iPhone7の動きがいよいよヤバくなってから「今度こそは脱アップル」と思い、他社のスマホをチラチラ覗いてはいたんだけど、

こういうものに疎く違いが解らず、いざその日が来ると、「面倒臭い」という理由で結局、またiPhoneを選んでしまった。

ところで7は5年も頑張ってくれた。

付き合いが長すぎたからかよく判らないけれど、下取りに出す手続きをした後に(本当にいいの?)と心の声が聞こえた。え、前、下取りに出した時は躊躇無かったやん、と、戸惑う……。

5年という歳月があまりに長かったのか、それとも、この5年間が特殊だったのか。

過去5年の画像をざっと見返してみた。

辛く悲しい事もあったが、コロナ禍に入るまでの2年半はアクティブで楽しい思い出がめちゃあるやんか。

やっぱり今は心が弱っているのかなぁ。

新型コロナワクチン接種4回目メモ

副反応は個人差が大きいと思うので、がん化学療法継続中(あと小さな持病もろもろあり)50代のこの人はこんな感じだったんだな〜とお読み下さい。

 

新型コロナワクチン4回目をかかりつけ病院で打ってきた。

ちなみに1〜3回目同様、ファイザー社のもの。

3回目で初めて発熱らしい発熱があったので、熱が出た時の為にポカリスエットを冷蔵庫に買い置きする。

 

接種当日。

お昼に打ち「二の腕持ち上げると痛い…腫れてる」と自覚したのは夕方の4時頃。

夕食後、胃がムカムカする。身体もだるい。身体を洗い(湯船には入っていない)大人しく眠剤を飲み眠った。

 

接種翌日

最近恒例の早朝覚醒。やや寒気がする。熱を測ると37℃。

朝食後、再び測ると37.3℃。ポカリスエットが美味い。

カロナールを処方してもらうのを忘れたと気付く。38℃位まで上がったらロキソニンを飲もうと、なんとなく思う。

…が、調子の悪い時にうずくところ(腰、脇腹。今回は脇腹)がめちゃ痛い。

仕方なくロキソニンを投入。昼寝後、痛みがうそのように無くなっていた。

私の場合、接種して翌日に、普段から調子が悪い時にうずくようなところが痛むみたいだ。(わっとさんも同じような事をブログでおっしゃっていた)

2回目接種の後のキョーレツな腰痛を思い出す。

食欲は普通にあり。

 

接種日から2日後

高めの平熱。

(2回目の時、この日も37℃越えだったので、一応測ってみた)

元気だし食欲もあり。

 

それにしてもコロナワクチン、4回も打つ事になるとは去年の今頃は思いもしなかったな。冬にはオミクロンかー。身体が痛くなるの地味に辛いよ、

一応、ブースター(3回目)接種後の自分の様子を貼っておこう。笑

3日前にブースター接種を終えて - ちょっと悲しいが平常運転