母の住処

4月18日はガーベラの日だそう
(iPhoneXR 2022年4月)

 

母の施設入居話を聞いた後、時々、罪悪感で胸が痛み、入居したと聞いてからはコロナ禍でしてあげられなかった事をあれこれ思い、自分を責める事もあった。

 

ar50mama.com

 

私は面倒臭い娘。

 

しかし、入居した施設を詳しく知る機会があり、ようやく落ち着いたところ。

 

手筈を整えたのは弟なので、お金の事は判らない。

 

とにかく

まだ元気な母は、プライバシーを守れる部屋で寝起きし、時々、近所に買い物にも行き、たまに近くに住む弟がドライブに連れ出してくれる生活を送っているらしい。

 

え?緩ぅ…

 

大阪じゃないから?

 

今生の別れの気でいた自分よ。

 

〜〜〜

日曜日の散歩は久しぶりに駅前へ。

花屋で花とグリーンを選んで、娘がレジ前に並んでいる間、お店のおねえさんとおしゃべりしていた。

 

人の出入りの邪魔にならないよう距離をつめた。その時、感染云々より、化粧で誤魔化しているが、眉&まつ毛が生えていないのにギョとされないか気にした。その自分の心情に少し驚きもした。

 

私が手に持つパンフレットを見て花屋のおねえさんが

「母の日のプレゼントですか?私も考えなくちゃ。笑」

と言う。

素敵な花屋の店員さんの用意する母の日のアレンジメント、見てみたい。

 

私のこと

陰も陽もあるんやで

f:id:ar50mama:20220417103416j:plain

バナナのフラペチーノ
買ってきてもらった
(iPhone7 2022年4月)

 

この記事の

ar50mama.com

 

ここんとこに追記をいれた

私はTwitterで多くの音楽ファンや関係者と繋がっているのだけど(今は消してしまった本垢・2022年4月追記)、フジロック開催中、タイムラインはとても静かでいつもと違った。

 

今は消してしまった本垢・2022年4月追記

 

本垢とは?

 

アイコンが自身の顔画像で、bioに職業を書いているから本垢。え、違う?まあいい。

Twitter苦手なので、ほぼ呟かない垢だったのは現在と同じ。

 

仕事がイギリスに関係ありbioも英語で書いていたから、外国人の同業者や英国好き(音楽好き)の方によくフォローして頂いていた。

ちなみにイギリスは私が唯一、行った外国で…...

思い出話はまたいつか書こう。

 

消した理由?

あそこには私の中の陽キャ部分しか無いから。

(本垢とは)

 

まだまだ生きるつもりだけど

人生の終わりを意識した時、今のまんまの姿でSNSをやってみたいと思った。

たいそうな理由はない。好奇心

 

私のこと

バナナと読みづらい本の話

f:id:ar50mama:20220414001053j:plain

10日前に2度見後、スマホで撮った画像。
マフラー持ち主の元へ戻ったかな…
(iPhone7 2022年4月)

何を食べても美味しく無いディなので少々辛い。それにしてもバニラアイスがまずいってどんだけ(古

あ、でもバナナは美味しかった。

果物はアレルギーがあるのであまり食べないんだけど、バナナは同病の方々がよく食べているので、私も時々、思い出したように食べる。

 

抗がん剤を打っていると白血球というか好中球が減り、様々なウイルスや菌に感染しやすい状態にあるので、免疫力UP目的です。

そんな事を書いていたらスタバからいいタイミングでメルマガが来た。フラペチーノ、次回はバナナらしい!土曜日に所用でミナミへ行く娘にお持ち帰りしてもらおうかな。

 

あの地下の通りは比較的短い距離に、スタバ、無印、DEAN&DELUCA、スリコ、ハンズへの入り口…とあって歩くとテンション上がったけれど、今はどうなってるんかな?(とりあえず、ハンズは無くなった)

kindleでの読書は超スローペース。

読書中に(「共感!」だったり「ちがーう!」だったり色々で)興奮すると、しばらく動物園のシロクマみたいに部屋をうろうろし、それが終わると本を閉じて別の事を始め出すクセがあるんだけど、これが読書が進まない理由のひとつでもある。

 

今回、それ回避で思いついた作戦。

いつも備忘の為にピンクで線を引いているのだけれど、新たに

・ブーイングの気持ちがわいたら、そこんとこ青で塗りたくる

・興奮したらメモ機能で「わかる!!!」とか「最悪」とか書いて貼る

という事をしはじめた。

今読んでいる本はフラストレーション溜まる系だから、この方法のおかげでなんとか読めている気がする。

 

とはいえ、自分好みの本ばかり読んでると大事な事を見落としてしまうんだろな。

思い出した事がある。

育児(教育)本は何でも手を出していたっけな…と。(自分が今よりずっと情報に疎く無知だったからなんだけど)

その中で私達母娘に合いそうな知恵が1行でもあれば儲け物…と思いながら読んでいた。時間の無駄と思われそうだけど、不思議と後悔はしていない。

 

私のこと

 

いろんな医師。いろんな患者。

f:id:ar50mama:20220410113104j:plain

見慣れた道
(iPhone7 2022年2月)

黄金頭さん(id:goldhead)のブログで知った本をkindleで購入した。

実は「むむぅ、與那覇潤さんと斎藤環さんか…」と躊躇したのだけど、黄金頭さんの感想とamazonのレヴューを読み、覚悟は出来た。

那覇潤さんに関しては『知性は死なない 平成の鬱をこえて』を、購入するも、文章が難しすぎて早々と挫折した経験がある。

先に下記の講演の書き起こしを読んで、難しいけど表現が素晴らしいなと思い、調子に乗って買ってしまったのだ。

 

https://www.secretariat.ne.jp/jsmd/gakkai/shiryo/data/forum_20190330.pdf

第5回世界双極性障害デーフォーラム(2019.03.30) 平成の鬱をこえて 双極性障害の体験から考える

 

斎藤環さんはamazonのレヴューでも“ヤンキー・ネトウヨ等属性で人を語りすぎる”と書かれているけれど、そのあたりは私も正直、苦手。

ただ、私が自分への戒めとして読んだのが斎藤先生のこの本で、


母は娘の人生を支配する なぜ「母殺し」は難しいのか (NHKブックス)
 

毒母という言葉を知る前に毒母の概念を教えてくれた人でもある。(当時、娘は10歳くらい)

(あと残る不安要素は“発達障害ブーム”という文言)

 

~~~

そんな私の今週のメンクリ通い。

 

新しいお薬は量そのままで、鎮静作用強めのお薬が完全に無くなった。

さあ副作用で脂肪のついたこの身体を元に戻そう。

で、初めて飲む睡眠薬が追加される。

 

カウンセリングは、話しているうちにどんどん過去に遡り、

私がまだ若い時に亡くなった可哀そうな叔父の元へたどり着く。

伯父の事を思い出すと泣きそうになる。

来週も私は続きを話すのだろう。

 

私のこと

介護は始まっている⁉

f:id:ar50mama:20220407202209j:plain

一週間前の近所の公園の桜。
もう葉桜だろうなぁ。
(EOS kiss X9 2022年4月)

今年は全国的にお天気に恵まれたのか、SNS上で綺麗な桜の画像をたくさん見る事が出来た。(ありがとうございます)

丘や草原や自然な川の画像を目にするたびに「ああここに行きたい」と胸をキュウと鷲掴みにされるのは、私がフットワークが重い上、ごちゃついた都会の真ん中に住んでいる事もある。

 

来年、娘の職場が決まったら少しだけ環境のいい場所へ引っ越そうと相談しているが、所詮、都会のネズミ。そういう場所で暮らしたら暮らしたで「虫が怖い」「夜の暗さが怖い」と、きっと私は文句を言うのだろう。

 

毎夜、お客が戻ってきたホテルの窓の灯りの数を数えてからカーテンを閉じる生活もあとしばらく。

~~~

 

私の部屋と娘の部屋は隣あっていて、間のふすまはいつも空いている。

どういう状況を想定しているのか知らないが、娘によると病気の私が心配なんだそうだ。

 

娘が大学生になるまで「勉強部屋は開け放つ」スタイル、「PCは親の前で使う」スタイルが当たり前だったので、さほど抵抗がないものの、入院時の個室がいつもよりリラックスできた事を思い出した。

 

私のこと

弱い自分

f:id:ar50mama:20220407133355j:plain

2021年に撮った、近所の神社のがくあじさい。(加工してます)
通院以外で全く外出していなかった時期なので希少

お薬チェンジのおかげで、文章が書きやすくなったとはいえ、元々、書く事が得意~とか、ネタが次々に湧いてくる~という自分では無かった。

 

とりあえず(調子がいいうちに)50以上ある下書き(という名の日記)を更新したり削除したりして整理しておこうか。

 

 

最後がまるで遺書のよう。

ワクチンの順番に不満を持っていた頃。

新型コロナは変わらず恐怖の対象だけど、「人間が」という意味では今の方がニュースが怖い。

 

2021年6月某日

(略)

人は誰もが必ず死ぬ。

だけどこの世は善が勝ち弱者に優しい世界でありますように。

娘の一生が幸せと喜びに満ちていますように

 

心が弱い者は信用されない…わかっちゃいるけれどこればっかりは。

 

自分に幻滅しながら書き続ける。

 

追記・日記、半分UPしていたのでそこんとこ削った。下書き放置ってほぼそんな感じなのかな〜?

 

私のこと

気づきに遅すぎとかはない(たぶん…

f:id:ar50mama:20220405234555j:plain

病院帰りに買った
薄紫のスターチス
ダリアのように
花弁の多いガーベラ(?
クセ強の花ばかり買うなあ自分
(iPhone7 2022年4月)

徐々に読み書きが楽になってきた。

躁うつのお薬、鎮静作用が強いものから新たなものに切り替えている最中なので、早速、効果…というか私の望みが叶いつつあるようだ。

 

家に篭りがちで友人とのやり取りもしていない。

しかし夜明けに見る夢は昔と変わらずエキセントリックで、まるで夢を見るだけの為に生きているような、現実は夢の延長に過ぎないのではないかとハッとしてゾッとした。

 

頭に浮かんだ事を下手なりに書いてブログにアップすると「今日一日生きた」実感がわく。不思議。

更新ボタンを押す時のあのドキドキに意味があるんだと思う。

 

〜〜〜

昨日、この本を読み切った。

 

 
事例でわかる思春期・おとなの自閉スペクトラム症ー当事者・家族の自己理解ガイド

 

私も娘も、WAISで自閉スペクトラムとは診断されなかった。

しかしASDの人の困り事には親近感を感じる事がたまにある。

kindleの画面が赤のラインだらけになった。

 

あとがきからの引用

(略)小さい頃と違って、セルフケアをしていなければいけないからです。例えば合理的配慮を求めるためにも、自分自身がもつ自閉特性の理解し、他者に伝えるスキルが必要になります。

事例でわかる思春期・おとなの自閉スペクトラム症ー当事者・家族の自己理解ガイド

 

私はいい歳して甘えていた。

例えば

元々ワーキングメモリがあれな上に、現在はお薬を飲みながらのんびりスローリーな生活をしているので、忙しい職業の早口の人との専門用語が多い会話などでは、焦りも伴いグダグダになってしまう。

年に数回はあからさまにイラつかれもする。

 

今までは、その後、落ち込み「躁うつ病、オープンにしているのに←関係ない」とプンスカもし、しかし半日位で忘れてしまう。だから反省からの進歩も無かった。

 

「…今度からは自分の為に合理的配慮を求めてみよう」と娘に話すと

「それいいね」と大きく頷かれた。

まずは準備して。勇気を出して

 

〜〜〜

久しぶりに娘付き添いで、腫瘍科クリニックへ。

あまり良い話はなかったけれど先生がポジティブなので、こんな日も診察室は和やかで笑ってしまう。