可愛い娘。母として始めの躓き

f:id:ar50mama:20220624094219j:image

父の日の夕方、品切れ気味の花屋さんで買ってきたあじさい

(iPhone7 2022.6)

〜*〜*〜*〜

不定期に、不器用な私の七転八倒した育児に関する思い出を書き残しておく事にしました。自虐が多くなりそうで鬱鬱とした感じにならぬよう、優しめの文体を選びました

 

先日「私は仕事がしたい人」という内容の記事を書きました。

しかしそういう焦燥感やコンプレックスを忘れて無職を心から楽しんでいた時期があります。

それは妊娠中から娘が2歳の間。

私は誕生したばかりの娘の手を触った瞬間から“娘のそばにずっと居て育児に専念したいモード”に突入したのです。幸いというか元夫にとっては育った環境の影響などで、妻が専業主婦になる事は想定外ではありませんでした。

私は「仕事は娘が中学入学までに。パートでも」と甘い考えでいて……ほんとに、今となればタイムマシンに乗ってあの時の私に「ならばとりあえずPC買ってIllustratorPhotoshopのソフトを入れておこうぜ」と伝えたい…

 

娘は3歳になる少し前に保育園に入ります。

そこに至るまでには色々ありました。

平日娘と2人きり…の生活はとても楽しかった。しかし、私には不安な事がありました。

その頃、私たちはいわゆる“公園ジブシー”。

私は公園でのママ友付き合いからドロップアウトしていました。

私は他の子と上手く遊べない娘をフォローしきれず、そして私自身「自分の振る舞いひとつが娘のお友達関係に影響する」と過度に思い込み、子どもとセットの人間関係が怖いという状況に陥っていました。(私の未熟さに対する自戒をこめ)

 

時間を妊娠中に戻します。

今思えば典型的なマタニティーズハイの妊婦で、妊婦関連のイベントを見つけては喜んで出かけ、マタニティスイミングに通い、友人(未来のママ友)を積極的に作っていました。

しかし、産後、出産時に同部屋だった人たちと初めて再会した時、いつもと同じテンションで接する事が出来ない自分に気づきました。「あれ?」「赤ちゃんを抱いた友だちが怖い?」。

病院で診てもらった訳ではないのですが、もしかしたらあの時、マタニティーハイからの産後うつ、という、凄く高低差のある気分の落ちようを経験していたのかもしれません。

 

私は平日2人ぼっちでも規則正しい生活を心がけていました。娘は食べ物にこだわりがあったり、寝付きが悪かったりで苦労しましたが、役所等に相談に行けば「睡眠がしっかりとれていますか?」「規則正しい生活を」と言われるので、そこは娘がどんなにゴネても手を替え品を替え、工夫で乗り切ろうとしていました。

朝は決まった時間に起きて、公園遊び、昼食、お昼寝、夕方のお散歩、夕食、パパが帰ってきたらお風呂に入れてもらう、そして9時に寝かしつけ…と。書くと簡単そうに見えますが、間におもちゃ遊びや絵本の読み聞かせなどが入るので、切り替えが苦手な子ども相手だとなかなか大変なのです。

(ちなみにに当時の私はインターネットに疎く(というか関心が薄く)情報源は育児書、新聞の家庭欄、NHK等でした)

 

私はとにかく娘の個性が大好きで、平日2人ぼっちでも彼女との生活を楽しんでいました。家でも外でも彼女の好奇心を満たす事に生きがいを感じていました。(母も娘もクセ強な気質でありながら、私たちは相性のいい母娘でした。その事に感謝しつつ)

ただ、娘が暮らす未来は無人島ではない。社会性が必要だ。何より自分のようになって欲しくない……。

その思いが、彼女を保育園へ入れるきっかけとなりました。

Twitterと小田嶋隆さんと大阪と

小田嶋隆さんが亡くなられた。

私は小田嶋さんのコラムや本の熱心な読者では無い。私にとって小田嶋さんは、以前のTwitterアカウントでずっとフォローをしていた方というだけである。

なのに何だろうこの喪失感は。

10年前の小田嶋さんのツイートはいつも怒っていた。だからか私は少し怖い印象を持っていたのだけれど、それが変わる出来事があった。

それは、内田樹さんと平川克美さんとの鼎談を観にに行った日の事だ。

イベントの後、ご著書にサインして頂く機会があり、私の名前の事でちょっと緊張がほぐれる微笑ましいやりとりがあったのだが、そのエピソードは私の個人情報抜きで表現するにはあまりにも難しいので省略する。

ただこの事で“怖い人”だった小田嶋さんの印象が、私がつい口を滑らすほどに変わった。

私「Twitterよく見てます」

小田嶋さん「Twitterねえ…Twitter…うーん」

どう答えていいやら、と言う感じでずっと苦笑されていた。

大阪が苦手でめったに大阪に来ないとおっしゃっていた小田嶋さん。

その日のイベントでは、大阪の民の前で大阪の現状を毒舌を交え憂いておられた。

お身体を壊されている事を知ってからはツイートを見るたびに心配していた。

本当に突然で、早すぎる。

今はこの言葉しか出てこない。

私と仕事

f:id:ar50mama:20220620112426j:image

果物は甘く、ケーキは甘さ控え目で最高だった。ロウソクの数いつも適当だな!

(iPhone7 2022.6)

〜*〜*〜*〜

父方の一番上の伯母は、祖父が亡き後も、祖父の遺した仕事を継いで、亡くなる直前まで仕事を続けた人。

その伯母が愛用していた湯呑みに書かれていた言葉が“福澤心訓”である。

一、世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です。

一、世の中で一番みじめな事は、人間として教養のない事です。

一、世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。

一、世の中で一番みにくい事は、他人の生活をうらやむ事です。

一、世の中で一番尊い事は、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です。

一、世の中で一番美しい事は、全ての物に愛情を持つ事です。

一、世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です。

福澤心訓 - Wikipedia

これ、実際は福澤諭吉の名言では無く、作者不明の偽作らしいのだけど、伯母がそれを知っていたのかどうかは判らない。

 

無口で厳しい人だったので、私は子どもの頃から伯母が怖く、あまり自分から話しかける事は無かった。ただ、この心訓が刺さっていたのは確かだったんじゃないかな(作者が偽諭吉と気付いていたとしても)と想像している。

 

すでに大人になっていた私は、祖母の家でこの湯呑みを見るたびに説教をされている感じがして居心地が悪かった。

ところがそれに反発するどころか、私はこの心訓湯呑みを見る度に、仕事が長続きしない自分を恥じた。

(だから仕事に関するところだけめちゃ覚えているのだ)

 

双極性障害が悪化してドクターストップがかかってもからも「仕事をしなきゃ」ともがき、どうせ続かないであろう会社でパート務めを始めると張り切りすぎて調子を崩した事も。

大人になった娘から「仕事をしていない自分はダメな人間だと思う必要は無い」と言われ、主治医は「躁転してもハローワークにだけは行かんとってや」と苦笑いした。

 

数年前に心理テストをうけようとしたのも「仕事をしたい」という気持ちの発露だった。

ADHDのお薬でサクサクと仕事が出来るようになった人の話を聞き、下心?が芽生えたのだ。

 

今も、がんの化学療法を受けながら仕事をしている人の話を聞くと「え⁈凄い」と反応してしまう。皮肉にも福沢心訓の“人の生活を羨む”をやっちまっているのかもしれない。

 

しかし今の私は、働きたくても働けない立場の人間であるから、そういう自分にも価値があるのだと、社会の一員なのだと、いう意識の方が必要なのかもしれない。

諦めではなく前向きに。

 

追記)心論、4つだけしか引用してませんでした!5、6番目良いのになあ…。やっぱりガチで仕事に関するとこしか覚えて無いんだわ^_^;

検査による不調。そして今やるべき事

f:id:ar50mama:20220615164819j:image

※特にタイトル、日本語おかしくて何度も再更新ごめんなさい!

某所にて。グランドカバー的なコバノランタナ。曇り空を見上げていた

(iPhone7 2022.6)

〜*〜*〜*〜

年に一度の検査を終え、検査結果も聞いてきた。

新たな転移は無く、やっと誕生日を祝えそう。

週末は娘と自宅でケーキとオードブルを挟んで、なんちゃってリカーで乾杯だ(ダイエット&酒控え中)

 

…なんて書いてみたが心は沈んでいる。

あの、年に一度の検査は肉体的にも精神的にもきっついんだなぁと改めて思う。

 

私の身体には生活のQoLを下げている良性の腫瘍もある。CT画像でその存在を改めて確認するも、命に関わる訳ではなく、それの為に全身麻酔での手術を受ける事は望まないし、主治医も勧めてこない。

 

しかしそれにより疲れやすく、化学療法の副作用による足の痺れもありで、車椅子の利用を検討している。(介護保険で使えるセグウェイの登場が待たれる)

もちろん筋力の衰えが怖いので毎日少しの散歩は杖ついて続けるけれど。

 

自分が車椅子を使うのはまだ先の話だと思っていた。昨日、心理士さんと対話するまでは。

私の心理士さんはコックリさんみたいな人だ。

私の無意識の本音を引き出してくれる。

そして、言うたらあかん、口にしたらあかん、(ネットに書くのもあかん)というような事も言いやすような空気を作ってくれる。

最近の私は腐り気味で、怒ってもいた。

 

大丈夫。調子が悪いだけだ。

年に一度の検査を前に

f:id:ar50mama:20220613075330j:image

月初めに撮ったキキョウのつぼみ

(EOS kiss X9 2022.6)

〜〜〜〜〜

今年も年に一度の大事な検査の日がくる。

結果にびびっているのは言うまでもなく、休憩を挟み挟みの1日がかりの検査であるのと、造影剤が苦手なので、体調が心配なのである。

 

それと、毎度4時間の長いフリータイムがあるのだけれど、その時間をいかに過ごすかが悩みどころで、昨年はワクチンもまだ未接種で、病院の待合に留まるのも怖く、コロナに怯えながら地下鉄で一旦自宅に戻り、また病院へ向かいと泣きそうだった記憶。

 

おまけに抑うつが酷かった。よく耐えたな自分。心の調子を崩している人はリンク先、読まない事をおすすめします

不安 - ちょっと悲しいが平常運転

 

ちなみに、この年の前年に検査を受けたのは、がんの告知を受けて間もない、新型コロナ感染者がまだ国内で確認されていなかった年明けの頃だ。

検査の待ち時間は、公園のカフェでパンケーキを食べながら読書をしていた。

(病院に戻った途端、気持ちが悪くなって、待合でぐったりしちゃったんだけど)

実に呑気ながん患者だった。それが本来の私で、コロナが無ければ違う2年半を過ごしていたと思うと辛い……

 

病院のすぐ近くに老舗のホテルがある。もしかしたらリモートワークのデイユースをやっているかも!と調べてみるも“リモワにどうぞ”とうたいつつ2人部屋しか用意してないやん!笑

さすがに数時間休ませてもらうのに1万払う程、酔狂ではないので却下だわ。

 

※サムネのキキョウは昨日、見たらちゃんと咲いていた

f:id:ar50mama:20220613075412j:image

ぱっ

からだ事件備忘録

f:id:ar50mama:20220609162635j:image

クチナシの花、咲き誇る

(EOS kiss X9 2022.6)

〜〜〜〜〜

先日、メンタルクリニックへ行く前にいつものように2週間の出来事をノートに書いていた。

前回、心理士さんとの会話で「ハッ」として要メモ!と思ったやりとりがあったのだけど、見事に忘却の彼方へ飛んで行ってしまっている事に気づく。

対処法としてはスマホに即メモなんだけど……

 

最近、私の回りでは色んなものが壊れる。5年近く愛用しているiPhone7も例にもれず、外出中に使おうとすると急に動かなくなるという事が多発しており、LINEの着信は死守したいので気軽に使えないのだ。

ああ「来年買うよー」がどんどんたまっていく。

娘amazon便。あじさい大奥。 - ちょっと悲しいが平常運転

 

そんな事もあり、以下、備忘も兼ねた最近の身体における事件をふたつ。

 

浮腫みに驚く

2週間程前、アジサイを見にうろうろしていた頃だ。朝起きたらに身体が浮腫んでいた。(3日程そのまま)パンパンか?と言われればそこまででは無いみたい。私は足以外、あまり浮腫むという経験が無かったので驚いた。

水…そんなに飲んでない、散歩疲れ?…んー唐揚げの食べ過ぎ?←これだ!(違う)

主治医に相談すると化学療法で肝臓やら腎臓やらが弱ってきているのやろうと。

娘が「弱った言うてもSASUKEに出てたムッキムキの人が普通の人になったみたいな感じやで」とよくわからん慰め方をする。

確かに私の肝臓は医師をして「強いなぁ!」と言わしめた事はある。が。

 

巻き爪

生活のQoLを著しく下げていた巻き爪。抗がん剤の副作用によるものだ。

amazonで狙っていた金具を半月程前ついに試したのだけど、結果、今では痛み無く、指が腫れ上がる事も無い。

約5000円と、ちょっと躊躇する値段だったけれど、この措置は病院でも保険適用外らしいので思い切って買ってホント良かった。

岸田奈美さんのブログと思い出の旅

f:id:ar50mama:20220608143730j:image

別府から由布院へのバス道は美しい高原が続く

(iPhone7 2019.7)

〜〜〜〜〜

4月から関西ローカルの夕方のニュース番組のコメンテーターになられた岸田奈美さん。

私はこの番組で“noteの奈美さん”と“たまにテレビで観る面白い女性”が同一人物である事を初めて知る。

 

元々私は文章を読んで「書いた人」をイメージする力が弱い。それもあるだろう。(言い訳)

だからSNSも恐る恐るやっているし……

 

私の引用リツイートar50mama🫐🐤💉💉💉 on Twitter: "さんふらわあのバルコニー着きの部屋凄く好き⭐️娘とまた乗りたい/ボケ続ける世界で生きてゆく(姉のはなむけ日記)|岸田 奈美 @namikishida #note https://t.co/MbP2x95o4r"

ブログ終盤に登場したさんふらわあに興奮してしまい、肝心な事何も書けなかったので、補足のようになるけれど。

弟さんの「ツッコミたい」気持ち、なるほどと読んだ。

 

きみは、ボケてくれる世界を、ずっとほしがっていた。

ツッコミを入れられる関係性に、ずっとあこがれていた。

できないこと、わかんないこと、いっぱいあると、きみがツッコミを入れられてしまうもんな。

ボケ続ける世界で生きてゆく(姉のはなむけ日記)|岸田 奈美

 

一方で大概の人はボケたがる。(と思っている。自分がそうだからなんだけど)

だから重宝されるのはきっとツッコミ方。ちょっとはツッコミの腕を磨いた方がいいのかな......

 

私はもう3年近く旅行に行っていない。

コロナ禍前の最後の旅行になったのが娘との別府・由布院

f:id:ar50mama:20220608145958j:image

地獄巡りは人生で2度目。会社の慰安旅行で行った。若い時の私とは違い、娘は興味津々で楽しんでいた。

 

f:id:ar50mama:20220608150151j:image

SNOOPY茶屋にて。

由布院は随分おしゃれになっていてびっくりしたな。

 

f:id:ar50mama:20220608150451j:image

行きも帰りもさんふらわあ

子どもの頃、家族で乗った思い出のフェリーに娘を乗せたかったんだ。(別航路含めこれで2度目なんだけど)

 

残念ながら大阪-別府を行き来する船にバルコニー付きの部屋は無し。

(ほぼ眠るだけの部屋をバルコニー付きにする為に宿等、他でケチる人・私)

でも瀬戸大橋をくぐる瞬間はガラス越しにばっちり見えて感動。2人共、思わず「わー」と歓声をあげる。

 

また乗りたいなあ〜