心と身体

f:id:ar50mama:20210627183254j:plain

日記という名の下書き(下書きという名の日記)を晒しておこう。

更新しておかないとまた焦燥感で辛くなるかもしれないので。

躁うつ病の私の今は多分、混合状態。ここのところよく泣いたし、昨日今日は鬱々としている。

もう音楽で微上げも無理。また抑うつ状態(頭上に黒雲)へ逆戻りするのかな…

体の調子は、週の初めにいつもの点滴2種打った割には元気。

 

6月某日

(※同じ病気の方ばかりフォローしているTwitterアカウントを持っている。最近はあまり見なくなってしまっている)

久しぶりにタイムラインをチェックしていて、私より若く、まだ幼いお子さんが居る方がお亡くなりになったと、遺族の方が書き込みをしていた。

何て不条理なんだろう。本当に神はいるのか。と、神もあの世も信じていない私が思う。

Twitter上で会話も無かったし、タイムラインから流れてくるツイートでしか存じ上げなかったんだけど、聡明でユーモアがあって気丈な方という印象を持っていた。

忘れならないツイートもある。ここには書かないけど

 

6月某日

がんを告知されて「最後まで治療する。現代医療を信じる」と娘と約束してから、希死念慮が表れる事が少なくなった。

「自分放置(セルフネグレクト)」から「生きのびる」に舵をきってから。

抗がん剤を打ち続けて1年半。

血液検査の結果が出る度に自分の身体の頑丈さに感動さえ覚える。

抗がん剤は私自身(心と身体)を生かす為に、私自身(身体)をも攻撃している。

自分の意思で身体を傷つけるなど出来ようものか。

※とはいえ病気による希死念慮は自殺願望とは違うので出る時は出るのだろう。念のため

 

photo1 : EOS kiss X9 2021年5月某日 近所の神社の前で(緊急事態宣言中で早くに閉まっていた)

 

私のこと