気づきに遅すぎとかはない(たぶん…

f:id:ar50mama:20220405234555j:plain

病院帰りに買った
薄紫のスターチス
ダリアのように
花弁の多いガーベラ(?
クセ強の花ばかり買うなあ自分
(iPhone7 2022年4月)

徐々に読み書きが楽になってきた。

躁うつのお薬、鎮静作用が強いものから新たなものに切り替えている最中なので、早速、効果…というか私の望みが叶いつつあるようだ。

 

家に篭りがちで友人とのやり取りもしていない。

しかし夜明けに見る夢は昔と変わらずエキセントリックで、まるで夢を見るだけの為に生きているような、現実は夢の延長に過ぎないのではないかとハッとしてゾッとした。

 

頭に浮かんだ事を下手なりに書いてブログにアップすると「今日一日生きた」実感がわく。不思議。

更新ボタンを押す時のあのドキドキに意味があるんだと思う。

 

〜〜〜

昨日、この本を読み切った。

 

 
事例でわかる思春期・おとなの自閉スペクトラム症ー当事者・家族の自己理解ガイド

 

私も娘も、WAISで自閉スペクトラムとは診断されなかった。

しかしASDの人の困り事には親近感を感じる事がたまにある。

kindleの画面が赤のラインだらけになった。

 

あとがきからの引用

(略)小さい頃と違って、セルフケアをしていなければいけないからです。例えば合理的配慮を求めるためにも、自分自身がもつ自閉特性の理解し、他者に伝えるスキルが必要になります。

事例でわかる思春期・おとなの自閉スペクトラム症ー当事者・家族の自己理解ガイド

 

私はいい歳して甘えていた。

例えば

元々ワーキングメモリがあれな上に、現在はお薬を飲みながらのんびりスローリーな生活をしているので、忙しい職業の早口の人との専門用語が多い会話などでは、焦りも伴いグダグダになってしまう。

年に数回はあからさまにイラつかれもする。

 

今までは、その後、落ち込み「躁うつ病、オープンにしているのに←関係ない」とプンスカもし、しかし半日位で忘れてしまう。だから反省からの進歩も無かった。

 

「…今度からは自分の為に合理的配慮を求めてみよう」と娘に話すと

「それいいね」と大きく頷かれた。

まずは準備して。勇気を出して

 

〜〜〜

久しぶりに娘付き添いで、腫瘍科クリニックへ。

あまり良い話はなかったけれど先生がポジティブなので、こんな日も診察室は和やかで笑ってしまう。