副作用とのバトルは続く

公園のすみっこのハナニラヒナゲシ
眼鏡使わず写すのもうダメだと悟った一枚
(EOS kiss X9 2022.4)

気温、お天気の変化が激しくて、部屋着選びがせわしない。(こんな時に風邪ひきたくない)

外出の多い人、レジャー中の人は大変だろうな。と、昨日、昼〜夕方バイトだった娘を思う。

 

ここ数日、お薬(メンタルクリニック)の副作用に悩まされていた。

先週まで「やっと合うお薬に出会えた!少し副作用はあるけれど…少しだから大丈夫!」と、余裕だったんだけど…。

 

娘が私の手の甲を撫でながら

「悲観したらあかんで。コレをもっと少量にして他の薬を合わせるとかできるかもしれへんし、先生に相談してみよ」

優しく励ましてくれた。

 

大丈夫。今の私は前向き

 

自分史上最も自分自身を大事にしている。

遅い?ううんそれは違う。

大病を患わなかったら多分、私は私に一生そうしてあげてなかった。

 

とりあえず、うつの波に飲まれる前に決めてしまいたい。

 

私のこと