岸田奈美さんのブログと思い出の旅

f:id:ar50mama:20220608143730j:image

別府から由布院へのバス道は美しい高原が続く

(iPhone7 2019.7)

〜〜〜〜〜

4月から関西ローカルの夕方のニュース番組のコメンテーターになられた岸田奈美さん。

私はこの番組で“noteの奈美さん”と“たまにテレビで観る面白い女性”が同一人物である事を初めて知る。

 

元々私は文章を読んで「書いた人」をイメージする力が弱い。それもあるだろう。(言い訳)

だからSNSも恐る恐るやっているし……

 

私の引用リツイートar50mama🫐🐤💉💉💉 on Twitter: "さんふらわあのバルコニー着きの部屋凄く好き⭐️娘とまた乗りたい/ボケ続ける世界で生きてゆく(姉のはなむけ日記)|岸田 奈美 @namikishida #note https://t.co/MbP2x95o4r"

ブログ終盤に登場したさんふらわあに興奮してしまい、肝心な事何も書けなかったので、補足のようになるけれど。

弟さんの「ツッコミたい」気持ち、なるほどと読んだ。

 

きみは、ボケてくれる世界を、ずっとほしがっていた。

ツッコミを入れられる関係性に、ずっとあこがれていた。

できないこと、わかんないこと、いっぱいあると、きみがツッコミを入れられてしまうもんな。

ボケ続ける世界で生きてゆく(姉のはなむけ日記)|岸田 奈美

 

一方で大概の人はボケたがる。(と思っている。自分がそうだからなんだけど)

だから重宝されるのはきっとツッコミ方。ちょっとはツッコミの腕を磨いた方がいいのかな......

 

私はもう3年近く旅行に行っていない。

コロナ禍前の最後の旅行になったのが娘との別府・由布院

f:id:ar50mama:20220608145958j:image

地獄巡りは人生で2度目。会社の慰安旅行で行った。若い時の私とは違い、娘は興味津々で楽しんでいた。

 

f:id:ar50mama:20220608150151j:image

SNOOPY茶屋にて。

由布院は随分おしゃれになっていてびっくりしたな。

 

f:id:ar50mama:20220608150451j:image

行きも帰りもさんふらわあ

子どもの頃、家族で乗った思い出のフェリーに娘を乗せたかったんだ。(別航路含めこれで2度目なんだけど)

 

残念ながら大阪-別府を行き来する船にバルコニー付きの部屋は無し。

(ほぼ眠るだけの部屋をバルコニー付きにする為に宿等、他でケチる人・私)

でも瀬戸大橋をくぐる瞬間はガラス越しにばっちり見えて感動。2人共、思わず「わー」と歓声をあげる。

 

また乗りたいなあ〜