年に一度の検査を前に

f:id:ar50mama:20220613075330j:image

月初めに撮ったキキョウのつぼみ

(EOS kiss X9 2022.6)

〜〜〜〜〜

今年も年に一度の大事な検査の日がくる。

結果にびびっているのは言うまでもなく、休憩を挟み挟みの1日がかりの検査であるのと、造影剤が苦手なので、体調が心配なのである。

 

それと、毎度4時間の長いフリータイムがあるのだけれど、その時間をいかに過ごすかが悩みどころで、昨年はワクチンもまだ未接種で、病院の待合に留まるのも怖く、コロナに怯えながら地下鉄で一旦自宅に戻り、また病院へ向かいと泣きそうだった記憶。

 

おまけに抑うつが酷かった。よく耐えたな自分。心の調子を崩している人はリンク先、読まない事をおすすめします

不安 - ちょっと悲しいが平常運転

 

ちなみに、この年の前年に検査を受けたのは、がんの告知を受けて間もない、新型コロナ感染者がまだ国内で確認されていなかった年明けの頃だ。

検査の待ち時間は、公園のカフェでパンケーキを食べながら読書をしていた。

(病院に戻った途端、気持ちが悪くなって、待合でぐったりしちゃったんだけど)

実に呑気ながん患者だった。それが本来の私で、コロナが無ければ違う2年半を過ごしていたと思うと辛い……

 

病院のすぐ近くに老舗のホテルがある。もしかしたらリモートワークのデイユースをやっているかも!と調べてみるも“リモワにどうぞ”とうたいつつ2人部屋しか用意してないやん!笑

さすがに数時間休ませてもらうのに1万払う程、酔狂ではないので却下だわ。

 

※サムネのキキョウは昨日、見たらちゃんと咲いていた

f:id:ar50mama:20220613075412j:image

ぱっ