検査による不調。そして今やるべき事

f:id:ar50mama:20220615164819j:image

※特にタイトル、日本語おかしくて何度も再更新ごめんなさい!

某所にて。グランドカバー的なコバノランタナ。曇り空を見上げていた

(iPhone7 2022.6)

〜*〜*〜*〜

年に一度の検査を終え、検査結果も聞いてきた。

新たな転移は無く、やっと誕生日を祝えそう。

週末は娘と自宅でケーキとオードブルを挟んで、なんちゃってリカーで乾杯だ(ダイエット&酒控え中)

 

…なんて書いてみたが心は沈んでいる。

あの、年に一度の検査は肉体的にも精神的にもきっついんだなぁと改めて思う。

 

私の身体には生活のQoLを下げている良性の腫瘍もある。CT画像でその存在を改めて確認するも、命に関わる訳ではなく、それの為に全身麻酔での手術を受ける事は望まないし、主治医も勧めてこない。

 

しかしそれにより疲れやすく、化学療法の副作用による足の痺れもありで、車椅子の利用を検討している。(介護保険で使えるセグウェイの登場が待たれる)

もちろん筋力の衰えが怖いので毎日少しの散歩は杖ついて続けるけれど。

 

自分が車椅子を使うのはまだ先の話だと思っていた。昨日、心理士さんと対話するまでは。

私の心理士さんはコックリさんみたいな人だ。

私の無意識の本音を引き出してくれる。

そして、言うたらあかん、口にしたらあかん、(ネットに書くのもあかん)というような事も言いやすような空気を作ってくれる。

最近の私は腐り気味で、怒ってもいた。

 

大丈夫。調子が悪いだけだ。