いろいろな波

f:id:ar50mama:20220730131720j:image

炎天下の下、たくましく咲く植え込みの花(iPhone7 2022.7)

〜*〜*〜*〜

久しぶりにブログを書く。

しばらく、今更の健康不安により現実逃避していた。

私のスマホは娘からのLINE以外の通知を切っているので、ブログアプリから離れると、他の方のはてなブログの更新に気付くのが遅れる。

あと、はてブやニュースアプリ、Twitterのタイムラインを読むetc.という、私の中で同じしぐさ上にある事もサボり気味となってしまっていた。

 

そんな中、台所に立つ事を(娘が立つのも)拒否した日に私は、成城◯井の値引きシールが貼られたおかずを食べて思った。

「味が薄い」

野菜の旨味でおかずを作る、に意識が向くきっかけとなった。

それだけの事なのだけど、冷蔵庫を覗いて「今日はこれとこれとこれ」と、野菜のラインナップを決めるのが楽しくなった。マンネリよ来ないでくれ

残り野菜は加熱したりしなかったりでカットして冷凍する。これは食材でありながらもいい旨味調味料となる。

 

コロナ第7派は、基礎疾患持ちで、訳あって「今はまだ絶対に感染したくない。今は」という私にとっては脅威である。

感染者数の推移を見て、とうとう私は化学療法以外の治療をお盆過ぎまで伸ばしてもらった。

さすがに2年前、いや1年前とは違い「まだそんな事言ってんの」という空気は感じる。

でも、私は波を見て行動パターンを変えるスタイルは変えない。自衛をする事に恥ずかしさを感じる事はない。

そして

留意した行動をとってくれている人には「お前のためやないぞ」と言われても感謝の気持ちを伝えたい。私が公共交通機関を使って通院できるのもやはりそういう人が大多数を占めるからなのだ。

(波を乗り越えたらまた焼肉行きたい)