話題のマンガ、当事者として

f:id:ar50mama:20221102012340j:image

曇り空。なんとか棚?大きな公園にて

(EOS kiss X9 2022.10)

〜*〜*〜*〜

1週間程前の事。心の(脳の)調子が悪いので、活字を読むのが辛く、マンガにチャレンジしてみた。

相原コージさんの『うつ病になってマンガが書けなくなりました』と、水谷緑さんの『私だけ年を取っているみたいだ。』。

なぜ、具合が悪い時に、このチョイス、と思われるかもしれない。

どうやら私には、他の刺激(想定外の刺激)より、内容を予想出来、かつ共感出来そうなもの方がハードルが低いようだ。多少のフラッシュバックはあってもだ。

そして、活字だけの本は脳への疲労感がハンパないけれど、実写で予告なく心を刺してきがちな映画は、この状態の時、観るにはよりハードルが高い。観たいもの色々あるのだけど。

(今、格闘している本は『モリッシー自伝』。なかなか進まず(1ヶ月経ったがモリッシーまだ14歳)痺れを切らして新書の『人生はそれでも続く』を挟みなら読んでいる)

いや、ブログ書いてるやん。と言われそうだけど、最近、脳トレや備忘を兼ねて、日記アプリを再び再開して(あれだけサブスクの断捨離する言うてたのにね)毎日キーボードをぽちぽち叩いている効能かもしれない。

つらつらと色々書いたけれど、最後に先に紹介したマンガの雑な感想を置く。

いつもの如く、ネタバレ読みたくない方はご注意下さい。

 

うつ病になってマンガが書けなくなりました』

・マンガを読まない私に若き日の元夫が教えてくれた『コージ苑』の作者、相原コージさんの闘病記

・“だから本作は面白くないかもしれない”と予防線を張っているけど、違和感無くさすがだなぁと思った。無理したのかなと心配にもなった

・眠れない夜の焦燥感とか希○念慮とかの描写、そうそう、そうだったと10年位前を思いながら読んだ(私は双極性障害II型のうつ)。とにかく疲れてしょうがなかったり等、共感描写が多かった

・アレは失敗しやすい。失敗したら家族も巻き込みもっと不幸な事になるというの、ほんとそれを頭に入れておいた方が良い

・ラストページにちらっと出てきた閉鎖病棟。これを相原さんの画力と表現力で描いてくれるのか(私は精神科病棟への入院経験が無い)と次作に期待する。しかしくれぐれもご無理はされないで欲しい

 

『私だけ年を取っているみたいだ。』

・このマンガは色々な人の体験を合わせて制作されたものらしいが、母親の病名表記に不安になる。この病気への偏見はネット上で酷いものが多く見られるから

・ちゃんと治療してお薬を飲んで社会で活躍されている方は多い、その事はもっと周知されて欲しい

・主人公は幼い時からこれが母親の普通として見ている。周りの大人の対応が悔やまれる

・主人公が大人になる過程で体験する色々な辛い事は、彼女の親になったような気持ちで読んだ。なので、とてもキツかった。途中からは読まなきゃという義務感で読んでいる感じだった

・追記、何か見た)親を攻撃してヤングケアラーを救えるだろうか。ヤングケアラー問題は救う側に“家族ごと”という信念が無いと埋もれてしまう。親への冷ややかな視線は、今現在渦中にいる子どもから、助けを求める勇気やきっかけを奪ってしまうと思うのだが